2016.2.26

性器の赤い出来物はジスロマックでAIDSリスク回避

性感染症の病名には、性器ヘルペス、クラミジア、淋病(りんびょう)、梅毒(ばいどく)、尖圭コンジローマ、カンジダ症などの数多くの病気が存在しております。その中でも一番厄介なのがエイズ・AIDS(Acquired Immune Deficiency Syndrome)です。AIDSは後天性免疫不全症候群(こうてんせいめんえきふぜんしょうこうぐん)とも呼ばれており、ヒト免疫不全ウイルスが免疫細胞に感染し、免疫細胞を破壊しながら後天的に免疫不全を起こすとても重い病気です。最近ではあまり聞かなくなった病気ではりますが、その恐ろしさは皆さんご存知でしょう。このAIDSは現在流行しているヘルペスやクラミジアなどの性感染症から併発する可能性も非常にあり注意しなければなりません。性病には痒みや赤く腫れあがるできものができる、おしっこなどをする時に酷く痛むなどの症状があり、そのような症状がでた場合には病院で検査してみると良いでしょう。また性病の治療においては手術などの方法がありますが、一般的に早期治療の場合はジスロマックといった病院で処方されているお薬で約1週間程度で治療することが可能です。このジスロマックは子供でも服用することが可能で、性感染症以外にも様々な抗ウイルス薬として非常に効果の高いお薬で注目を集めています。このジスロマックを病院で処方してもうらことが可能ですが、病院以外でもインターネットを利用して海外メーカーから直接個人輸入することも可能です。また語学力がない方でも安心して利用できる個人輸入代行業者が運営する通販サイトなどを利用すれば、通販感覚でジスロマックのようなお薬を購入することが可能です。