2016.4.8

動画を見てトラコマチスの症状ならジスロマックを検討

トラコマチスは正式名はクラミジアトラコマチスといい、この細菌に感染するとクラミジアと呼ばれる病気を引き起こします。クラミジアは性感染症の一つで、なる方が最も多く若い人でもなることが特徴の一つです。比較的簡単に相手に移してしまうことがあり、治療しない場合はエイズ、淋病といった他の性感染症を引き起こすことが多く、感染予防をしたり早期に発見、治療を開始することが大事になってきます。
男性がクラミジアトラコマチスに感染すると尿道の部分にかゆみや違和感を感じることがあります。膿が出ることもありますが、どろどろしたものでないため気が付かないこともあります。進行してしまうと排尿時に痛みを感じたり、発熱したりします。治療を行わない場合は前立腺炎などになる可能性があり陰嚢が腫れて無精子症になる危険性もあります。
女性の場合は下腹部痛や不正出血、生理に似た症状が出ます。おりものの量が極端に多くなるのも特徴です。子宮の入り口にて感染するので治療をしないと子宮外妊娠や不妊症になりやすくなります。
クラミジアトラコマチスは性器だけでなく喉へ感染することもあります。その場合は喉が腫れて発熱したり首のリンパ節が腫れたりと風邪のような症状がでます。風邪薬を飲んでも効かない場合はトラコマチスに感染していると考えても良いでしょう。
医療機関は女性の場合は婦人科、男性の場合は泌尿器科を受診します。喉の場合は耳鼻咽喉科でも大丈夫です。治すにはジスロマックという抗生剤を服用します。ジスロマックは1回服用すると1週間ほどは薬が効いている状態になります。血中濃度を高めるので一気に死滅させることができます。正しく服用した場合は完治することもできます。飲み方などを含め動画などを参考にしながら定期的にジスロマックを服用するようにします。